スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by OZAKI-20
 
[スポンサー広告
OZAKI20実行委員会より
OZAKI20実行委員会では、東京・表参道での開催当初から、全国各地での開催希望を募ってまいりました。

4月25日の命日までを開催期限とするとの各関係者間での取り決めがあり、ゴールデンウイークの最終展示へ向け最終段階に入っていた3月、その時期開催を検討されていた地域2箇所からの断念が伝えられ、一時は福島終了の時点でOZAKI20は全日程終了となる危機でした。そんな中、横浜高速鉄道(みなとみらい線)に、5社相互直通運転を記念した催事としての開催をご決断いただきました。

この規模でのOZAKI20は今回の開催が最後となります。2m以上もある巨大な等身大写真パネルや、学習机といった展示物は、4tトラック2台でも収まらないほど大掛かりなもので、これが開催地探しや保管&輸送面で大きな課題でもありました。

ですがこの開催を通じて寄せられた声や動きは、映画「復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20」の公開や、尾崎豊DVD&Blu-ray作品「LIVE CORE 完全版〜YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME 1988・9・12」の発売へとつながりました。

OZAKI20は最終展示となりますが、尾崎豊の存在や作品を伝えるための活動は、決して終わることはありません。これからもご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
Posted by OZAKI-20
 
[Ozaki20制作委員会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。