スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by OZAKI-20
 
[スポンサー広告
40歳代なんだけど生前の尾崎は知らない
今日、夕方にお越しになられた方から「私は47歳で同年代なのに、生前の尾崎さんは知らないんです。」と語りかけられました。「亡くなったって話しを聞いて、聴いてみようと思って、そしたら本当に良くて、なんて言ったらいいか分からなくて…。」と感極まった様子でした。

それから少し間を置いて、「本当は自分も18歳ぐらいの時から聞いてみたかったんですが、なぜか言い出せない雰囲気ってのがあって…。今考えると、あの時ちゃんと向き合ってたら、本物の尾崎を見れたのにって思うんですよね。」とおっしゃいました。

30年前を振り返って、そこからご自身の思い出をたどって来られたようです。そうですよね、そういう場所ですよね。だから展示物からキャプションを排除してあるんです。OZAKI20って、それぞれの方が、それぞれの人生を振り返る場所ですよね。

その方は最後に「そんなふうに、正面から物事を見ずにいたから、見ることができなかった東京ドームライブが、こうやって発売されて、心からうれしかったです。本当にありがとうございました。」って何度も言って、さらに「DVDは持ってるんで…」と言われて、Tシャツ付のブルーレイをお求めになって帰られました。

これが世に出たのは、須藤さんと田島さんが佐藤さんが、ちゃんと魂を持って根気強く作品を世に送り出すための調整を行ってこられた結果だと思います。ただ私達も、このOZAKI20期間中に、CD BOX・映画・東京ドームライブと様々な作品がリリースされたことは、とてもうれしく思っております。

ちなみに、「なぜDVDお持ちなのに?」と聞くと、「DVDだと2枚に分かれていて、コンサート中にディスク入れ替えがあるんで、1枚で全部見られるブルーレイが欲しかったのと、復刻版Tシャツも欲しかったから。」とのことでした。なるほど、そういうことでしたか。
Posted by OZAKI-20
 
[Ozaki20制作委員会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。