スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by OZAKI-20
 
[スポンサー広告
1988年9月12日東京ドーム
domelive.jpg
尾崎豊は東京ドームで1度しかライブをしていない。その中で本編だけで22曲も歌い、アンコールでさらに4曲、そして再度のアンコールではさらに1曲「僕は僕であるために」をTシャツにジーンズという姿で、12弦のオベーション1本だけを手に演奏した。

静まり返る5万人の観客を前に、最高の笑顔を見せながら演奏し終えた彼は、深々と一礼し大きく手を振ってステージを降りた。それは最初で最後の東京ドームライブの締めくくりだった。

古いNHK-BSの映像にその姿が映し出されている。その姿は、あまりにもいつもの尾崎だ。しかし現実の彼は、この前後に人生の大きな挫折・経験・決断をしている。自分の歌えるステージがあり、その前にファンがいるという当たり前の事が、自分にとって最高の財産だとはじめて実感できたのがこのライブだったのかも知れない。
Posted by OZAKI-20
 
[Ozaki20制作委員会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。