スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by OZAKI-20
 
[スポンサー広告
恐るべき量の文字が尾崎の凄さを物語る
今も残る各所から集められた大量の尾崎ノート。そこには、たった1文字のページもあれば、単なる落書きのページもあります。ただ意味ある言葉が書かれた部分については、すでに刊行された書物等でかなり公開されています。ですから、OZAKI20での展示は「自筆のノートを見たい」という声へ向けて何ページかは公開を予定しています。

それよりも驚いたのは、ノート以外に書かれた大量の文字の存在。CBSソニーの原稿用紙や、ラジオ局のメモ帳や、所属事務所の便箋や、コンサートプロモーターのメモ用紙にまで、とにかく大量に文字を残しているのです。

ありあまる感情を、その時々で書き留めずにはいられなかったのでしょうか。コンサートプロモーターのメモ用紙ということは、コンサートツアー中なわけで、リハーサル前にホール入りして本番が終わるまでの空き時間なんてわずかなはずなのに、とにかく書き続けています。

残念ながらボロボロの物が多く、公開には工夫が必要ですが、なんとか手にとってご覧いただくべく、打ち合わせ中です。コーヒーとかかかってたりするんですよねえ。
Posted by OZAKI-20
 
[Ozaki20制作委員会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。