スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by OZAKI-20
 
[スポンサー広告
OZAKI20は「皆さんの20年」を振り返っていただく場所です
「尾崎豊特別展」OZAKI20には、尾崎豊のプロフィールも年表もアルバムの歴史説明も何もありません。ライブ映像ですら音を流さないという徹底ぶり。大きな写真もライブ写真はアトミックカフェでの1枚だけ。会場に流れている音楽音源物は、尾崎の一人しゃべりとギターの弾き語りによる未公開デモテープだけです。

それは、もし尾崎が生きていたなら「オレの歴史をいちいち説明するなんてやめてくれ」「オレを知らないヤツにまで媚びるような真似はやめてくれ」と言われるような気がしたからです。

その展示空間はファンのみなさんに「尾崎を失っても私は20年間生きてきた」ということを振り返っていただく場となるように考え、彼の死後にファンとなった人々には「尾崎はこういう人々と共に生きていたんだ」と言うのを体感していただくための場にしてもらいたいと思い、プランニングしました。

普通に考えると、ライブ映像が流れ、ライブ写真が並び、時代背景と尾崎の歩みが一つになった歴史パネルがあり、そこに各年代のギター・譜面・衣装が並んでいるような展示会になったことでしょう。それを、本当のファンが尾崎の歩みと自分の人生を重ね合わせることができる空間にさせてくださった、すべての人々に感謝すると同時に、それに共鳴してくださるファンの皆様にも感謝したいと思います。

OZAKI20東京、ラスト2Days頑張ります。
Posted by OZAKI-20
 
[Ozaki20制作委員会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。